零式航空歩法
鎮守府では毎朝提督の単身行進が行われていたが、この行動に反対する者もいた。


▲戻る